sportsnavi

みなとスポーツフォーラム 2019年W杯に向けて

みなとスポーツフォーラムとは

東京都港区のKissポート財団と日本ラグビー協会の共催で、スポーツへの関わり方を学び、2019年ラグビーワールドカップ日本開催という機会を生かし、大会後にレガシー(遺産)を残すための勉強会。

さまざまなスポーツの関係者を講師に招き、19年ワールドカップ開催までに100回の開催を目指している。

提供:(公財)日本ラグビーフットボール協会

本城和彦(男女セブンズ日本代表強化委員長)

あなたにとってラグビーとは?

本城氏「『師』であり、『パートナー』であり、『バックボーン』」

渡瀬裕司氏(一般社団法人ジャパンエスアールCEO)、Kaopangさん(サンウルブズ スタジアムDJ)

サンウルブズの使命はラグビーの普及 渡瀬CEOとスタジアムDJが語るSR

 公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団と、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会が主催する「みなとスポーツフォーラム 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向けて」の第71回が2月16日、港区のみなとパーク芝浦・男女平等参画センターリーブラホールで開催された。

記事全文

あなたにとってラグビーとは?

渡瀬氏「自分のバックボーンのすべて」
Kaopangさん「モチベーション」

フィロ・ティアティア氏(サンウルブズ ヘッドコーチ)

あなたにとってラグビーとは?

いろいろな人に会えるもの